初めまして半導体製造装置のフィールドエンジニアをしております。出張情報やユーザー情報、日々の仕事内容等をランダムに綴っていきます。半導体に限らず言いたい事を何でも書いちゃいます。同業種のブログはとても少ないと思うので、参考にして頂ければ嬉しさこの上ありません。私が実践している副収入を得る方法も時々公開してみようと思います。
スポンサードリンク
全記事表示リンク
先日急遽入ってきた仕事のお蔭で徹夜をする羽目になった。

元々仕事を遅くまでやらない主義の私は徹夜などほとんどした事がない。

昔まだフィールドエンジニアを始めてまもない頃は当然先輩についてお客様先にいくので、先輩の都合に合わせるしかない。

その頃は自分に主導権はないので、先輩が作業終了とするまで付き合わなければいけないので朝方まで作業をするという事はあったが、自分が主導権を握る場合はどうにかして早く帰ろうとするので徹夜なんて本当に久しぶり。

会社にいる時の話でして夕方になって、急遽明日の朝までに仕上げなければいけない案件が出てきたとの事だった。

概要が解ってくると間違いなく深夜までかかる事が解った。

始めてみると朝方までかかる事が判明。

その時点で会社に泊まる事を考えればいいのだが、翌日の夜に出席しなければならない夜会があってどうしても一度帰宅する必要があった。

深夜に帰宅して風呂に入って、着替えて1時間弱ベッドに入り、起床して出社。実際にはほとんど寝れず。

AM3:00に高速を走るのなんて学生時代以来だった。

学生時代は不良学生だったので、毎日帰宅はAM5:00頃だった。毎晩ビリヤード場にいて、そこから友人と遊んでから帰っていたのだ。

1200に起床、学校に行く。学校に行かずにパチンコ屋に行くことも多かったな~。

勉学に勤しむ学生とは程遠かった。


日が昇る前に仕事を始めてそのまま始業開始30分前にようやくミッションが終わった。

そのままいつもの業務を開始。

帰りたかったが、いくつかやり残した事があったので、そのまま定時まで勤務。

夜は送別会に出席、帰宅したのは24時だった。

40歳を過ぎてこんな事をすると堪える事が解った。

翌日も翌々日も夜の9時頃になると目を開いていられなくなってくる、頭もずーんと重い。

結局3日くらい引きずりました。

送別会はキャンセルするんだったなと後悔。

これからは会社に泊まる事にしようと寝袋を注文したのであった。
2016/01/28 08:33 未分類 TB(0) CM(0)
64面白いじゃないですか。



半落ちで騒がれた横山秀夫さん、半落ちは面白いとは思えなかったな。

クライマーズハイとこの64はいいですね。

中古で安く買った本が面白いと非常に得した気分になります。

ブックオフにはこまめに顔を出さないといけません。
2016/01/26 21:56 未分類 TB(0) CM(0)
私は家族と趣味に生きる男だ。

家族を守る為、趣味にお金をかける為にお金が必要だから働いている。

色々な人と話をしていると趣味がない人が結構いますね。中には仕事が趣味なんていう人も。

趣味は絶対に必要だと思うんですけどね。


子供が生まれてから暫く封印していた趣味を再開してみました。

息子の身長が伸びてきてようやくプレイできるようになってきたから一緒にやってみようかと。

これです。






ビリヤードです。

6年ぶりくらいにやってみました。

久しぶりに撞いたが、やっぱり面白い。

だいぶ腕は鈍ってましたが、最近少しずつ戻ってきました。

写真にあるキューは全て自分の物、右からブレイク用、真ん中が自分のプレイ用、左端が息子にあげたプレイ用、このほかにジャンプ用のキューもあります。

値段はピンキリです。真ん中のキューは中古で格安で譲ってもらった25年くらい前のキュー、元値は25万円くらい。

知り合いで100万円を越えるキューを持っている人がいました。腕も超一流でしたけど。

いくつかある趣味の中でもっともお金と時間を費やしてきたのがビリヤードです。

学生時代、18歳~21歳の時はのめり込んでいて、週に最低4日はビリヤード場にいました。

店主に気に入られて色々と贔屓してもらっていたので、尚更入りびたりに。

学生だったので、撞くお金がないときも当然あるわけです、そんな時でも上級者のプレイの様子を見て技を盗む、常連たちと話をしているのも楽しかった。

そうこうしているうちに23時を過ぎると、そこから先24時の閉店までは最低課金時間である1時間を確保できないため、新規のお客様はいれられなくなるわけです。

そうなると「もうお客さんいれられないから無料で撞いていい」と言ってくれる事も多かった。

その言葉に甘えてお金のないときは23時から50分程撞かせてもらってました。

そんなご好意のお蔭でそれなりの腕になって、大会で時々優勝する事もできる腕前にまでなったわけです。


皆さん知らないでしょうけど、ビリヤードってプロじゃなくても賞金を貰えるんです。

公式戦ではもちろん現金はもらえないのですが、各ビリヤード場で開催されるハウストーナメント、これは賞金を現金でもらえます。

まず参加する際にエントリーフィーという名目でお金を払います。だいたい2000円から高くても5000円くらいかな。

参加者が10名だったとします、2000円×10人で20000円が集まります。

店側が8000円を場所代としてもらう場合は12000円の賞金を優勝者と準優勝者で分ける事になります。

参加者が多くフィーも高ければ、優勝した場合の獲得賞金は多くなるわけです。

私はそれほど大きな大会で勝った事はないので、最高でも20000円程度の賞金でしたが、大々的に宣伝して行われる大会だったりすると優勝賞金20万円なんてのもあります。公式戦ではなく、ハウストーナメントで。

こういったハウストーナメントが東京、神奈川、千葉、埼玉で場所を変えれば毎日のように開催されているのです。

突出した腕前であれば、賞金で生活する事も不可能ではない。

実際に私が通うビリヤード場にはフィリピンから多くの猛者たちが賞金稼ぎにきてます。

大会の賞金と日々アンダーグラウンドで行われている賭け玉でお金を稼いでいくのです。

フィリピン人は本当に上手なのです。

数年前に私の通うビリヤード場にいつものように顔を出すと何やら燃え盛る炎を見るような台がありました。

フィリピン人プロと台湾人プロが真剣勝負をしてました。

常連に聞くと9ボールの7ゲーム先取りで10万円を乗せているとの事でした。

両者すさまじい気迫でしたね。

9ボールは基本負けた方が次の人の為にラックを組みます。

9ボールにおいてラックがきちんとくめているかが致命傷になります。上級者になれば基本的にブレイクからノーミスで撞き切る事を目標としてますので、球と球の間に僅かでも隙間があると球がキレイに散らずにトラブルが発生、相手に回ってしまいます。

これを嫌い、何度も何度も自分が納得するまでラックを組み直させてました。

この時は2セットとも台湾人が買って2~3時間で20万円を稼いだわけです。

見てるだけでも怖かったですわ。

また自分も大会に出場しようと思えるまでに腕を戻したいと思います。
2016/01/21 08:42 未分類 TB(0) CM(2)
トヨタ自動車デンソーに入場する際には作業責任者感電高所の教育を受講してテストに合格、ライセンスを持っていなければ作業ができませんね。

私も遂に受けざるを得ない状況になりました。

日程の関係で刈谷にて受講しました。産業技術センターというところになります。

刈谷駅からタクシーで10分程ですが、朝はタクシーがなかなかつかまりません。

少し時間に余裕を持つようにしましょう。

費用12000円を支払って写真と返送用封筒を持参します。

事前に連絡を受けているにも関わらず、写真や封筒を持ってこない人が数人いました。

どうなってるんでしょうかね。

一度に70人程が受講していたと思います。

ここでも東芝四日市と同じように金髪、茶髪、帽子を被ったまま受講している輩がたくさんいましたね。

こんな感じだと事故は減りませんね。

全て受講すると3日間かかります。

結構大変ですね。

全ての講義でテストがありますが、どれも難しくはありません。

落ちる感じはしないテストでしたね。

そういう点では東芝四日市の職長、電気ライセンス講習よりはプレッシャーは少ないですね。

でもトヨタ関係の講習の方が中身は濃いです。リスクアセスメントKYTの実技もありますからね。

発表もあります。

疲労度はトヨタの方が上です。
2016/01/19 09:00 未分類 TB(0) CM(0)
このブログも結構長く続いてます。

それもこれもそれなりのアクセスがあるから続くんですよね。時々頂くコメントも励みになります。

ブログの右上にアクセスカウンターが設けられているをご存知でしょうか?

遂に10万アクセスを突破しました。

ありがとうございます。

この数字、ユニークな数ではありませんよ。

読者さんが一人しかいなくて10万回訪問してくれてもいいのです。

半導体のフィールドエンジニアに特化している割にはいい数字かもしれませんね。

私が運営する他のブログと比較すると全然少ないんですけど。。。。

もうちょっと話題を広げてみようかな。

2016/01/12 09:32 未分類 TB(0) CM(0)
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
便利な出張道具
メールフォーム
相互リンクも募集しております、当ブログへのリンクを貼った後にメールにてご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
気になる事があれば検索してみましょう、このブログ内で何か面白い事が見つかるかも知れませんよ。
月別アーカイブ
プロフィール

はんどう

Author:はんどう
FC2ブログへようこそ!